乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

クリスの国分町デビュー☆&仙台七夕まつり

クリスの国分町デビュー☆&仙台七夕まつり

暦の上では、立秋を迎えましたが、なんと暑い毎日でしょう!
ここにきて、東北でも本格的な節電が必要になってきました。

東日本大震災と新潟・福島豪雨の影響で電力供給力が落ち込む中、この猛暑で電力使用量がピークに達し、東京電力からの融通電力の上限を引き上げるも、供給余力はギリギリのようです。
余力が3%を切ると、電力の安定供給が難しくなって、計画停電の可能性が出てくるとのこと。
被災していない私たちこそ、積極的に、日中の電力使用量を減らすように心がけましょう!


さて、8月5日の前夜祭から始まり、昨日まで行われていた仙台七夕まつり。
連日30℃超えで、夏らしいお天気に恵まれました。

来場者がピークだった昨年に比べると、30万人ほどの減少はあったものの、復興支援で訪れた
首都圏からの個人客が増加したことで、203万人強の来場があったそうです。
私も、初めての仙台七夕まつり、楽しみましたよ(^0^)/♪


街はお祭りムードで賑わう中、愛犬クリスが国分町デビューしました~☆ 国分町は、東北地方
随一の歓楽街で、仙台牛タンの発祥地でもあります。

クリスは、人間ウォッチングが大好きなようで、特に浴衣姿の綺麗なお姉さんは、目で追います(笑)が、酔っ払いさんを見つけると、犬のおまわりさん宜しく、厳しい目線を投げかけます。

僕にシャンパン似合うよね♪ やっぱり男はビール?

さてさてお次は・・・ モヒートもいいね~ おっ!浴衣・・・

※(注)クリスは、お酒を飲んでいません。

仙台七夕まつり前夜祭の花火は、とても綺麗でした。
写真からその迫力をお伝えできないのが残念ですが、我が家は花火観覧のベストスポット(*^0^*)
夏の花火は、やっぱり最高ですね~☆

Hanabi from home!


街中のいたるところにこのような飾りつけがなされ、くぐり抜けながら、見て歩きます。

Image1351.jpg

そして、なんと、お祭りが終わった昨日、仙台七夕まつりを彩った吹流しなど約300本が、遠くイスラエルに送られたそうです!来年、日本とイスラエルの国交樹立から60周年を迎えるのを記念して、とのことです。仙台から送られた七夕飾りは、数日後にはエルサレムの商店街などに飾られ、
『復興のシンボル』として紹介されるそうです。

Image1297.jpg Image1361.jpg Image1358.jpg Image1359.jpg


そして、たくさんの願いが込められた短冊・・・
いろいろな願い事が見えます。

Image1348.jpg Image1347.jpg

中には、子供の字で、『日本からヤンキーがいなくなりますように』(笑)とか、

『マイナス5キロ』、『若返り』という短冊も。

Image1353.jpg Image1352.jpg Image1362.jpg

『復興と鎮魂』をテーマに掲げ開催された今年の仙台七夕まつりは、多くの方々が、本当に、さまざまな思いで迎えられたことと思います。

先日、サロンにお越しくださったお客様で、気仙沼市内の高校にご勤務でいらっしゃる方から、
このようなお話を伺いました。
『震災後、3ヶ月間くらいは、こちらから尋ねるとポツリ、ポツリと答えるくらいだったけれども、最近は、生徒同士で震災時のこと、その後の話をしているのを、よく聞くようになった』と。
また、高校までは学校内で生徒の心のケアをしてあげられるが、大学生になると、被災地から進学した学生に対して、同様のケアがなされる機会がないこともあり、首都圏に進学した生徒が、『何をしても楽しくない・・・』と、学生生活を満喫できていない様子が伺える、と。

このブログを訪問してくださっている方の中には、心のケアに携わるお仕事をされておられる方もいらっしゃると思います。
一般的には、青春謳歌の真っ只中にいると思われがちな大学生の中にも、被災し、今も心のケアが必要な学生がいることを、覚えておいていただけると幸いです。

季節は移り行きますが、被災地の復興まで、ひとりひとりが、温かい気持ちで寄り添い続けていけたらいいな、と思います。


コメント



認証コード4310

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional