乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

グアムに行って参りました!~自分に合ったサロンの見つけ方~

グアムに行って参りました!~自分に合ったサロンの見つけ方~

久しぶりのブログ更新でございます!
おまっとさんでした(^0^)/ (←古いですね・・・)

お休み中にアロマジーアHPの『ご予約・お問い合わせフォーム』より、ご連絡をくださった皆さま、
どうもありがとうございました!!
サロンHPのご予約フォームからのご連絡は、オンタイムで携帯に転送されておりましたので、遅れることなく返信させていただくことができました。


さてさて、タイトル通り、今年の夏はグアムに行って参りました!
アフリカ、アラスカ、ネパール、インド・・・etc・・・『行ったことないです』と言う人がおそらく多いであろう国々も隅から隅まで行った感のある私ですが、日本から一番近いアメリカ、グアムへは今回が
初渡航!

旅程は、仙台→札幌→グアム→札幌→仙台。
もちろん、クリスも一緒です! 実はクリス、何を隠そう、Frequent Flyer!(国内線限定)
酒田(以前住んでいた所)=羽田=札幌、仙台=札幌は、もう何度も乗っています。
ちなみに、フェリーもJRも制覇済み!
クリスは、お出かけが大好きなので、長時間のドライブも乗り物も、なんのその。
お気に入りのドギーマンのぬいぐるみと一緒に、連れてって!!と自らハウスで待機します。

暑いなぁ・・・早く行こうよ!レッツゴー!
仙台空港にて。
出発した時の仙台は、猛暑!!舌を出して、『暑いよ~!湿気が堪らん・・・』と言っています。


札幌もまだまだ気温は高いのですが、なんてったって、カラっとしています!!
どんなに気温が高くても、湿度が低いと、と~っても快適です♪
クリスもハァハァと息を切らすことなく、毎日スタスタ爽快にお散歩していました(^0^)
お散歩タイムも2倍2バ~イ!(←昔のギャグが炸裂してますね・・・)
以前、住んでいたカタールのドーハも、夏は50℃超えになるのですが、日中は湿度が低いので、
意外と平気!・・・とまではいかなくても、思えば夏バテとかはしていなかったなぁ、と。
ちなみに、ドーハの夜の湿度はものすごく高くなるのですが、日光がない分、凌ぎやすかったり。

・・・思いのままに綴っていましたら、話は中東にまで飛んで行ってしまいました。


ビュ~~~ン!(笑)


グアムへは、千歳空港からコンチネンタル航空の直行便で約4時間半。
あっという間でした!
グアムの印象は、ハワイを小さくした感じ。一日もあれば、島をぐるりと見て周れます。
今回は、4泊5日の日程で、ゴルフをしたり、ビーチに行ったり、スパを楽しんだり、ショッピングをしたり。のんびりと、でも、スパに2回行ったので、意外と忙しく(?)過ごして参りました。
すっかりリフレッシュできましたよ♪

FaiFai Beach
ファイファイ・ビーチは、ちょっと危険な崖を歩いて辿り着く、大変美しいプライベート・ビーチ。
白いパウダー・サンドです!

Golf!
南国でのゴルフは気分爽快!ハワイに次ぐ、2カ国目の海外ゴルフ・ラウンドでした。

Polynesian Fire Dance
ポリネシアン・ファイアー・ダンス。雄たけび系で面白かったです。


そして、グアムでは2ヶ所のスパに行きました。日程が許せば、もっと行きたかったのですが・・・

では、私がすっかり気に入ったグアムのスパをご紹介します!
JIIVANA SPA FOR WELL-BEING ジバナ・スパ・フォー・ウェルビーイング。

JIIVANA SPAJACUZZIJIIVANAJIIVANA
こちらのスパは、PIC(Pacific Island Club)にあります。

ジバナ・スパには、7名のセラピストがいらっしゃるとのことで、サロンに到着してから、帰るまでの間に、3名のセラピストの方と接しましたが、どの方もとっても感じがよく、ホスピタリティに溢れていました。皆さん、アメリカの方です。
施術ルームの雰囲気も良く、適温、照明の加減も落ち着く感じ。ベッドもしっかりしていて、ほどよくやわらかく、うつ伏せに横たわると、思わず安堵の笑みがこぼれました(私にとっては、ベッドの寝心地も、とても重要なポイントなんです!)。
肌に触れるリネンも優しいし、足首や膝裏に、心地よいサポーターを入れて、施術中の身体を支えてくれます。
時折ふわ~っと香ってくる精油の香りにも癒されました♪

いざトリートメントが始まると、筋肉の起始・停止、走行をしっかり把握して身体に触れてくれているのがよくわかり、安心してトリートメントを受けることができました。
職業柄、どうしても気になってしまうんですね(*^^*)
途中、凝りをほぐすのに若干の圧をかけられても、『知識のあるセラピスト』からトリートメントを受けていることで、何の不安もなく身体を任せることができました。

トリートメント後に、『グアムで、certified(資格保有者)のセラピストが働くサロンはジバナだけ。
私たちは米国本土からコントラクトでグアムに来ているの』と話してくれました。
そして、グアムでも、日本と同じように、資格を保持することなく施術を行っているサロンがたくさんある・・・と。(グアムにはプロの資格を取得するスクールがないそうです。)

もちろん、トリートメント前にはコンサルテーション・シートの記入もありました。
施術前に、きちんと聞いてもらえると安心しますよね!

セラピストの方は皆さんアメリカ人で、日本語はお話にならないようでした。
施術前のコンサルテーション・シートは、英語の表記に日本語訳もついていました。
また、施術中に、『ダイジョーブ?』などと片言の日本語で話しかけられることがなかったのも、私にとっては快適でした(^0^)
私がグアムに住んでいたら通いたい!グアムに行ったら是非また行きたい!サロンでした。

『で、もうひとつのスパは、どこに行ったの?』と思われるでしょうが・・・
実は、かなりのびっくり体験だったので(笑)、私(たち)の体験談のみお話しますね。
大変有名なスパなのですが・・・

ジバナ・スパで私が褒めちぎっている内容が、すべて無いという感じでした。
でも、ネットで口コミなどを見ると、満足な方もたくさんいらっしゃるようなので、あくまでも個人的な感想として読み流してくださいね~

そのスパでは、夫と一緒に、同室で同じ内容のトリートメントを受けました。
もちろん、セラピストさんは違ったのですが、夫と私の感想は全く同じ・・・
痛い!寒い!眠れない!早く終わって・・・(笑)
痛みも寒さも感じないのではないかと言うくらいのガッチリ体型の夫もそう言っていたので、私だけの感想ではないと思います。

痛い・・・イタイ・・・Ouch!! really hurts!!
3回は、痛いと言ったでしょうか。。。
仕舞いには、英語で叫んでしまいました(>0<)
セラピストさんは、アメリカ人ではありませんでしたが。。

『ダイジョーブー?』って・・・ダイジョーブではありませんよ・・・(- _ -;)
『マッサージ イカガデシタカー?』
『・・・ハイ(なんとか堪えました)笑。』

Remember Micronesia(ミクロネシアを訪れた思い出に)、と書かれたその一押しのメニュー・・・
ある意味、強烈な思い出ができました(^^;)
このような失敗(?)もありますが、リゾート地ということで(^^)


では、『自分に合うサロン』はどのように見つけたら良いのでしょうか?


私は月に2~4回、なんらかの施術を受けています。
今月は、グアムのスパで2回のトリートメントを受けましたので、国内では1回、IFAセラピストさんの個人サロンに行きまして、計3回です。
私が定期的にトリートメントを受ける理由は、自らのリラックス、体調管理はもちろんのこと、常に、受ける側の目線も大事にしたいと思うからなのです。
そして、常に向上していけるサロンであり続けたいと思っています。

私はサロンを選ぶ際、そのサロンのHPの『コンセプト』や『トリートメントの流れ』をよく読んで、セラピストさんのお人柄や、アロマに対する考え方が自分の方向性と合うかを判断します。
(私はアロマセラピストなので、ちょっと視点が違うかもしれませんが・・・)

セラピストさんのお顔がHPに載っているサロンは行きやすいですね。
私は定期的にトリートメントを受けていることもあり、初めてのサロンでも事前に問い合わせをすることなく、すぐ予約フォームを送信するタイプなのですが、ほとんどのサロンのHPには、『お問い合わせ』ができるように案内されているので、施術に関してちょっとでも気になることがあれば、予約をする前に気軽に問い合わせをしてみると良いと思います。
その方が、不安感なく先に進めますし、実際にセラピストさんの対応を感じて、う~ん・・・と思えば予約をしなければいいのです。
(お問い合わせをするにも、個人情報を入力する場合がほとんどだと思いますが、特に私が支持する『個人サロン』においては、セラピストとクライアントさんとの1対1の関係になるため、セキュリティの観点から入力が必須になっている場合がほとんどで、いくら個人情報を提供したからと言って、それが勧誘などに使用されることは、まずないと思います。)

それから、サロンの『コンセプト』は、とても大事だと思います!
リゾート地とは言え、私がジバナ・スパのHPをチェックした時には、ビビッ!と来るものがありました。
『JIIVANAはサンスクリット語で"生命"を意味します』、『JIIVANAは、個々の精神・身体・魂に深く関わっています』、『身体の自然治癒力、生命力を高めることを目的とした施術トリートメントをご用意しております』、『JIIVANAのセラピストは米国の国家資格を持っています』

私の直感を裏切らない、素晴らしいホスピタリティとトリートメントでした!


HPを設置していないサロンもたくさんあるかと思います。私も、以前はそうでした。
ですので、その当時はほとんどのクライアントさんがご紹介で来て下さっていたのですが、このように、フィーリングの合う友人・知人から薦められたサロン、というのも良いかと思います。
なんと言っても、生の声が直接聞けるわけですからね(^^)v

『サロンに行く』、ということそのものを考えますと、サロンで施術を受けている時間のみがトリートメントの時間、だとは、私は考えていません。
言ってみれば、予約をした時点からトリートメントはすでに始まっていると思っています。
実際、電話で予約を入れたとして、電話応対をしてくれた方の対応がイマイチだった時、『予約を入れたものの、ここのサロンでよかったのかなぁ・・・』という不安な気分になりませんか?
その逆に、気持ちよく予約を済ませた後は、予約日まで、とてもワクワクした気持ちで過ごせますよね☆
ちょっと仕事で疲れた日があっても、嫌なことがあっても、あと一週間がんばったらアロマが受けられる♪と思うと、ポジティブに日々を過ごすことができるのではないでしょうか。

サロンでトリートメントを受ける、というのは身体だけでなく、心も同時にケアするものです。
Aromaziaも、皆さんにとって、心身ともにアップリフトしていただける、そんなサロンでありたいと思います。

久しぶりのブログ更新でしたので、なかなかどうして張り切ってしまい、随分と長文になりましたが、最後までお読みくださり、どうもありがとうございました(*^0^*)/

いよいよ明日から9月です。
夏の疲れがどっと出てくるのも、この時期。
皆さん、体調管理には充分お気をつけくださいませ☆


コメント



認証コード3837

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional