乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

チェコ・プラハへ初上陸!感動の『ゴールデン・ウェル・ホテル』&プラハの絶景レストラン『ウ・ズラテー・ストゥドゥニエ』でディナー☆

チェコ・プラハへ初上陸!感動の『ゴールデン・ウェル・ホテル』&プラハの絶景レストラン『ウ・ズラテー・ストゥドゥニエ』でディナー☆

8月下旬。夕方、私たち夫婦は6日間滞在したヘルシンキからフィンエアーに乗りプラハへ移動しました。

ヘルシンキからプラハまでのフライト時間は2時間10分。

・・・The land of stories・・・チェコ・リパブリック☆

初めて訪れるチェコに、心が躍ります!

プラハ

戦火を逃れた中世そのままの美しい街並み・・・心底見惚れてしまいます・・・静寂の中にこの景色を眺めると、本当に感無量ですよ〜!
この景色は滞在していたホテルからの眺め、すなわちプラハ城側からの眺めです。


プラハは塔を持つ建物が多いことから『百塔の街』と呼ばれています。
街の中心を流れる『ボヘミアの母なる川』こと、チェコ最長のヴルタヴァ川。
そのヴルタヴァ川に沿って作られたプラハの街の、右岸は旧市街、左岸はプラハ城のある城下町マラー・ストラナ。
そしてこのふたつのエリアを結ぶのは、ヨーロッパ最古の石橋『カレル橋』です。

カレル橋カレル橋

『世界で最も古く、最も大きい城』としてギネス認定されている築1100年のプラハ城は、城下町マラー・ストラナの小高い丘の上、フラッチャニ(城地区)に建っています。

カレル橋よりカレル橋より


そして・・・


そのプラハ城に隣接しているのがホスピタリティ溢れる素晴らしいホテル、Golden Well Hotel(ゴールデン・ウェル・ホテル)です!!

私たちはプラハ・ルズィニェ国際空港からホテルの送迎をお願いしていましたので、移動はとてもスムーズでした。
こちらのホテルは丘を上がり、入り組んだ小道の先に建っているので、ホテルの送迎車でも建物の入り口に付けることはできません。降車地点からホテルまでは石畳の道を歩いて上がりますので、ポーターなどすべてのサービスを含むホテルの送迎がベストです。

ホテルへホテルへ

荷物はホテルの方におまかせし、趣のある石畳の小道をゆっくりと歩いて参ります。この道の雰囲気が、お昼も夜もとってもいいのです♡

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel
Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel

ハロ〜!ドブリーデン!( ´ ▽ ` )ノ♪

Cozyな雰囲気…♡
そして、ホテルのスタッフの方の対応の素晴らしいこと!
私はサービスにはうるさい方ですが、チェコでこんなにバランスの取れた完璧なサービスを受けられるとは夢にも思っていませんでした。
その素晴らしいおもてなしは、ホテルに到着した瞬間からホテルを発つ瞬間まで、淀みなくなされるのです。


客室数19室のみの、隠れ家的なホテル。


『こちらのホテルはどのようにお知りになりましたか?』

物腰のやわらかい紳士的な雰囲気の男性スタッフとの会話が始まります。

小さなフロントデスクに腰を下ろすと、さっそくおしぼりとウェルカムドリンクのサービスが。とても丁寧で、きめ細やかです(^^)

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel

ウェルカムドリンクは、ほんの少し甘みのあるチェコ産のスパークリングワイン。
・・・うまく言葉で言い表せないのですが、スタッフの方々がクリエイトする空気感が、なんとも絶妙なのです☆
ホテルというよりも、お屋敷に招かれたような感覚を覚えます。
ウェルカムドリンクをいただきながら、ゆっくりとプラハの地図を広げていろいろと教えてくださったり、ホテル内のツアーをしてくださったり。
到着した途端から『温かさ』と『楽しさ』を味わわせてくれます。

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel

お部屋も伝統的な雰囲気でとても素敵です。
よく磨かれたアンティークの家具に、木枠の窓。
それとは反対に、トイレにはウォシュレットがついていたり(ヨーロッパでは珍しいですよね!)、身長161cmの私がまっすぐに寝そべることのできる清潔でとても大きなバスタブ、レインシャワー。お部屋にはエスプレッソマシーン、iPotやiPadが備えられていたり、宿泊を申し分なく快適にしてくれる最新アイテムたちが勢揃いなのです。
ちなみに40種類の映画のDVDを自由に借りることもできます。

Golden Well HotelGolden Well Hotel

ベッドの上に6つ置かれたピローはすでに充分に心地の良いものでしたが、さらに『ピローメニュー』があって、その中から自分好みのピローのリクエストが可能なのです。
また、日本人の私たちへの配慮なのでしょう。なんと、ペアで色違いの浴衣が置かれていました。
国籍まで配慮した心遣いがたまりませんね〜!
さらに、滞在中は毎日『明日のお天気カード』で翌日の天候をお知らせしてくれます。
至れり尽くせり、とはこのようなことを言うのだと思います。



少し余談ですが、ウォシュレットのリモコンが・・・・

Golden Well HotelGolden Well Hotel

・・・外れた(゜o゜)

なんと、マグネットになっていて『取り外し』ができるのです。
壁からリモコンを取り外す必要性って・・・?(笑)と、ちょっとぷぷっと笑いながらも、私的にはこんなところで何故か『外国』を感じるのでした。


お部屋を楽しんでいると、あっという間にディナーの予約時間になりました!
20:30。こちらのホテルの最上階にある『ウ・ズラテー・ストゥドゥニエ』
はプラハでも大変人気の高いレストランと言うことで、私たちは2週間前から予約をしていました。

(Golden Well HotelGolden Well Hotel

・・・雰囲気、最高です!!

Golden Well HotelGolden Well Hotel

ちなみにこちらのレストランからはプラハ城の庭に直接つながる道があるのですよ〜!
その道への階段が右上の写真です。
それは、16世紀後半から17世紀初頭に君臨したボヘミア王、ルドルフ2世が練金術師に会うために通っていた道。
ルドルフ2世は自らのお抱え練金術師をこの家に住まわせていたのだそうです。
そして、その練金術師がこの家の井戸を黄金で塗った、という言い伝えから『Golden Well』(黄金の井戸)という名で今はホテルとなっているのですね。

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotelauto-8OJbFB.JPG

プラハの美しい夜景を眺めながら、ボヘミア料理をデクスタシオンでいただきました。
それぞれのお料理に合ったチェコ産のワイン・・・とても美味です。
ただ、そのワインの『盛り』が良すぎて、とても一皿毎に一グラスをいただくことができず、お食事の終わりにはテーブルがグラスだらけに(笑)

プラハの恋人達がとっておきのデートに予約するという理由がわかります。ちなみにプラハ滞在中、タクシードライバーにホテル名を告げても場所がわからないことがあったのですが、ホテル内のこちらのレストラン名を告げたらすぐにわかってくれた、ということがありました(^^)


ゆっくりとエレガントなディナーを堪能し、お部屋に戻るとベッドサイドに小さなスイーツが♪

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel

ヨーロッパでは就寝前にチョコレートを食べる習慣がある(チョコレートには鎮静作用のある成分が含まれているのだそうです)という話を聞いたことがありますが、日本人の感覚としては就寝前の甘いものは・・・太る!ですよね(^^;)

と思いながらも、しっかり毎晩いただきました〜♪
毎日、違うスイーツが用意されていましたよ☆



翌朝・・・

Golden Well Hotel Golden Well Hotel
Golden Well HotelGolden Well Hotel

お部屋からの眺めです!
なんて、ゴージャスな朝なのでしょう♪
プラハ城下には6つの美しい庭園があり、そのうちのひとつ『レデブール庭園』につながるように、ホテルの庭があるのです。


さぁ!素敵な一日の始まりはブレックファーストから☆

Golden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well HotelGolden Well Hotel

ハ〜イ!( ´θ`)ノ 目覚めの一杯♪チェコ産のスパークリングワイン☆
アルコールを特別にオーダーしたわけではなく、こちらも朝食のサービスのひとつなのですよ〜 コーヒーと同様に、どんどん注がれるフリーフローの泡・・・!
朝ですので、私は1杯の半分だけいただきました(^^)


昼夜を通してプラハの美しい景色を堪能できるこちらのホテル・・・☆
朝食もゆっくりと3時間くらい費やしたい気分でしたが(^^)、午前中からのプライベートツアーを申し込んでいたこともあり、そのお迎えの時間まで・・・ということで。


次号は、プライベートツアーで知ったプラハのいろいろを綴って行きたいと思います。

どうぞ引き続きお楽しみくださいませ(^-^)/♪


セラピストの自宅サロン・アロマジーアのご予約カレンダー&メッセージはこちらです★★★

コメント

  • 素敵〜☆

    写真を見てるだけで何もかもがゴージャスでお腹いっぱいになりました(((o(*゚▽゚*)o)))ひろりんは美魔女ね〜(*☻-☻*)街並みがクロアチアに似てる!って思ったよ。


  • ありがとう〜☆

    まきこ、コメントありがとう(^^)食べ物の写真が多すぎて満腹花子になっちゃった?(笑)クロアチアか〜行ってみたいなぁ♪クロアチアと言えば・・・ダルメシアン!U^ェ^U




認証コード7822

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional