乳がんの方へのアロマセラピートリートメント 補完代替療法としてのアロマセラピー 女性専用・完全予約制のプライベートサロン

乳がんの方へのアロマセラピー施術(40代の患者様)

乳がんの方へのアロマセラピー施術(40代の患者様)

がん診療連携拠点病院で行いました40代後半の乳がん患者様へのアロマセラピー施術の記載です。


両側乳がんをされたA様は術後の経過も良く、ご退院の一日前にアロマセラピー施術をさせていただくことになりました。

術後の経過が良いと言っても、入院中に良眠が取れていらっしゃらないことからA様のストレスは極限に達しているようなご様子でした。
ずっと眉間にしわを寄せた表情で、身体も心もカチコチに緊張されておられるのが見て取れました。

お話を伺うと、自宅と違う病院という環境ではとにかく眠れないということ、寝不足から午前中は頭がモヤモヤとしてはっきりしない、気分の落ち込み、不安感や緊張感、無気力、冷え、肩や首の痛み、腰痛、手のしびれ・・・
と、とても笑顔など作れないくらい多くの心身の不調を感じていらっしゃいました。


安全にトリートメントをさせていただくためには、施術前のコンサルテーションは欠かせません。
私がA様に必要な内容を確認させていただいていると、『喋っているとマッサージの時間がなくなっちゃいそう!』と途中少しイラッとされる場面もありましたが、A様のご体調を確認させていただいた上で症状に適した精油を選択するプロセスに入ると、『おお〜!そういうことなのですね!』と合点されたご様子でパッと表情が明るくなられました。


不安なお気持ちやイライラ感を引きずったまま、施術に入るのは良くありません。
一瞬でもそのようなお気持ちが途切れ、セラピストに身を委ねようと思っていただけたところでトリートメントに入ります。

肩や首、頭皮の緊張をほぐすように、ゆったりとした優しい圧でトリートメントを行いました。A様のためにブレンドした精油の香りもとても気に入ってくださいました。

この日は4名の患者様へのアロマ施術がありましたので、お一人の施術時間は30分程度でしたが、施術後のA様は表情がゆるみ、とても柔らかな笑顔を浮かべていらっしゃいました。


『午前中は頭がモヤモヤして、自分で頭を叩いたりしていたんです・・・でも頭のマッサージをしてもらってスッキリしました!それと、手のひらのマッサージって、こんなにも気持ちがいいのですね!!』


施術前は、硬い表情で、『なるべくなら人と会いたくない・・・』とおっしゃっていたA様でしたが、私がその日の夕方アロマ活動を終えて帰ろうとしていた時、病院のロビーでお見舞いに来られた方と談笑をされていらっしゃるA様をお見かけしました。


人はどのような環境下にいても、ポジティブな面を見るか、ネガティブな面を見るか、自分の意識ひとつで見る側面を変えることができます。
ポジティブな面をみるためにはポジティブな感情が必要ですが、自律神経系に働きかけるアロマセラピーがその感情のスイッチをプラスの方向へ押すことの助けになれば嬉しく思います。


※がんの方へのアロマセラピートリートメントは、普通のアロママッサージを行うのと違い、より多くのことに配慮しなくてはなりません。
がんの方へ施術を行うアロマセラピストは、アロマの専門知識と技術の他、解剖生理や病気の知識をしっかりと身につけている必要があります。

salon aromazia


 
オンコロジー・アロマセラピスト伊藤寛子の自宅サロン・アロマジーアのご予約カレンダー&メッセージはこちらです★★★

コメント



認証コード6699

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional